猫が飼えないから代わりに猫ロボットの購入を検討する

周りに猫好きの人間が多く猫に接する機会が多かったのもあって、私自身もわりと猫好きである。

とはいっても実際には一度も猫を飼ったことは無い。
飼いたいとは思うのだが現在ひとり暮らしをしているし、そもそも猫を飼う経済的余裕が無い。

仕方なく動画サイトなどを見て代償行為で気持ちを紛らわせているのだが、それでも定期的にやってくる欠乏

近ごろ発症頻度が高くなっているのだが、疲れているせいだろうか。

(もふもふしたい…もふもふしたい…)
と悶々としながら気持ちを抑える。

このような状態では普段の生活に支障が出るかもしれないので、何とかしなければと対策を考える。

 

スポンサーリンク

代償行為に猫ロボットの購入を考える

日に日に猫欠乏症が悪化していくので、せめてもの代償行為にと猫ロボットの購入を検討することにした。

猫ロボットといってもドラえもんのことではない。

できるだけ本物の猫みたいな見た目と動きをするものがいい。

しかしそんなものがあるのだろうか?
動く犬のぬいぐるみならよく見るけど猫は見たことがないぞ…

 

しかし調べてみると意外にあるある。

猫ロボットにもやはり世の中からの需要があるのか。
そうか、みんなも好きなんだね、猫。
うんうんうんうん。

 

色々な猫ロボット

ネットで調べてみたところ、出てきたのがこちらの猫ちゃんたち。

現物が無いから代わりに商品ページを貼っとく。

 

夢ねこプレミアム

第一弾の夢ねこセレブのバージョンアップ版。
ネーミングセンスがなんかすごい。

瞬きしたり口をパクパクさせたりと、顔に表情の変化がある。
そして撫でる部分や撫で方によって鳴き声が変わる。
抜け毛には注意。

これで動き回ってくれたらより本物っぽいのに。

 

 

ハロー!ウ~ニャン

ぬいぐるみタイプではなく、つるっとしたプラスチック製。

ローラーみたいな足で走り回ったりボールにじゃれ付いたりする。
そしてうれしい時には目がピカーンと発光する。メカ感が半端ない。

あんまり猫っぽくないなあ…。
それに君、肉球が無いのは失格だよ。

 

 

おひざのうえで なでなでねこちゃん DX

名前の通り、撫でるとにゃんにゃん鳴いてくれる。
撫でる部分によって鳴き声が変わる。
動かない大人しい子。

全然動いてくれないのでちょっと物足りないかも…。

 

 

笑って転げて!猫山さん

企画担当者がとち狂っていたとしか思えない。
文字通り猫のぬいぐるみが笑い転げるというシュールな商品。
猫山さんって誰やねん。

せめてかわいい声で「ニャハハハハ」と笑ってくれたらいいのに、残念ながらおっさんみたいな声。
昔流行った「笑い袋」の猫バージョンって感じ。

 

究極の猫ロボット Qoobo(クーボ)

色々と検索しているうちに、何だかとんでもないものを見つけてしまった。

 

それは尻尾の生えたクッション型セラピーロボット、Qoobo(クーボ)

Qoobo

 

ユカイ工学というロボティクスベンチャーが開発した商品。
現在予約受付中で2018年秋に発送予定ということ。

上記のボタンから商品ページに飛べるんだけど、ぜひ飛んでいって実際に見てほしい。

 

商品説明にはどこにも「猫」って書いてないけど、これって絶対猫じゃない?猫だよね?
もう猫の尻尾にしか見えない。

見た目はクッションから尻尾が生えたもので、撫でるとぴょこぴょこと尻尾が動く。
しかし当然表情も無く、声も無く、猫ロボットと言うには少し無理がある。

 

なのに今までに見たどの猫ロボットよりもなぜか一番猫っぽさを感じてしまうのはなぜなのか…。

いや、この表情の読めなさとか、やたらとじゃれ付いたり鳴いてくれたりしないところがむしろ猫っぽいのかもしれない。

猫特有のS的魅力。

今のところこの商品が一番私の琴線に触れている。

 

しかしお値段 10,000円(送料別)

尻尾の生えたクッションに10,000円。

 

悩むわ…。