シティホテルで働いていた元従業員の書くあれこれ話

以前とあるシティホテルでアルバイトとして働いていたことがある。

 

昨今の簡素な旅行プランが好まれる時流の中、ホテルの宿泊料金は低価格化が進み、オフシーズンなら出張中のサラリーマンなどが利用することも珍しくない。

もちろん宿泊料金の高いオンシーズンには、普段ホテルを利用しないような客も思い切って予約を入れることが多く、たくさんの宿泊客が訪れる。

要するに通年では色んなタイプの客が泊まるということだ。

私は客室担当係としてホテルで従事していたのだが、客と接するのは主に客室、もしくは客室フロア内でだった。

そういった仕事中に赤の他人の普段のプライベートな一面を垣間見ることがあったり、はたまた羽目を外した姿を見ることがあったりと、なかなか興味深い場面に遭遇することがあったりもした。

今回は私のそんなホテル従業員時代の日常で遭遇したとりとめのないあれこれについて書いてみようかと思う。

 

スポンサーリンク

ホテルでのあれこれ話

 

客室のドアの開錠

★ドアの開錠方法

最近のホテルの大半では、鍵についてはカードタイプキーを導入している。
しかし意外と若い人でも開錠方法を知らない人が多かった。
開け方は、ドア横のキー差し込み口にカードキーを差し込み、その後引き抜くだけ。
くれぐれもカードキーを差しっぱなしにしないように注意しよう。

 

★インロックされた場合

ルームキーを部屋の中に置いたままドアのオートロック機能によって締め出されてしまった場合。
よくドア前で「この部屋を開けてほしい」と頼まれることがあったのだが、その場で身分証明証の提示をするなどの本人確認ができなければドアを開錠することは当然できない。
しばしば「なんでドアを開けるくらい…」といった反応を取られることがあったが、無理なものは無理なのだ。
ホテル内には様々な人間が出入りしており、従業員・宿泊客以外の人間が紛れ込んでいる可能性も無くは無い。
なのでその点については切実にご理解願いたいところ。
キーの再発行についてはフロントデスクにて受付させて頂いている。

 

★自分の部屋を見失う客

ホテルの廊下で自分の部屋番号を覚えていない客に呼び止められることがよくあった。「自分の部屋がどこか分からなくなった」と…。
ホテルの部屋の外観はどれもほとんど同じだ。
違うのはドアに記されている部屋番号くらい。
たかが部屋番号なのだが、実際に困ったことになるのは自分自身なので絶対に覚えておいたほうがいい。
多かったのが、ちょっと同じフロアにある自動販売機まで小銭だけ持って飲み物を買いに出て、帰りに自分の部屋が分からなくなる客。
「このあたりだと思うからドア開けていってもらえる?中見たら分かるし」と言われても当然開けるのは無理だから。

 

特定の部屋の指定

★ベッドタイプ

ビジネスホテルにはシングルタイプの部屋が多いが、シティホテル――それもあまり新しくないホテル――にはシングルやダブルのタイプの部屋は少ない。
なのでツイン以外の部屋の予約は特にオンシーズンには難しいかもしれない。

 

★角部屋

角部屋は部屋の形状や窓からの見晴しの良さなどの点から、わりと人気のある部屋タイプだ。
なので当然常連客からも人気があり、中にはその部屋に半ば住んでいるかのような客もいた。
そうなるとホテルとしてはオフシーズンにも泊まってくれるその常連客を大事にするので、いつその客が泊まっても大丈夫なようにあえてその部屋以外の部屋から予約を埋めていくようなこともしていた。あくまでも私が働いていたホテルでの話だが。
いずれにしても角部屋はもともと部屋数が少ないので、「どうしても角部屋がいい!」というのであれば早めに予約を入れておいたほうがいい。

 

★特定の部屋番号

どのフロアの部屋がいい、どの方角の部屋がいい、などは定番の要望なのだが、以前に一度、部屋番号それだけを指定されたことがあった。
曰く「今日のラッキーナンバーなの!」だそうだ。
斬新なパターンだった…。

 

★部屋の割り当てはその日のフロントの采配次第…

色々書いたが、部屋の割り振りは予約受付係やフロントスタッフの仕事なので詳しいことは知らない。
しかしあくまで知っている範囲で言うと、常連客や何らかの要望を注文した客からまず部屋を固定していって、その他は当日の状況によってチェックインした客の順から適時部屋を割り振っていく感じだ。
なのでチェックインの際に部屋について何かしらの希望があり、柔軟な対応を取ってもらいたいのであれば、早めにチェックインしたほうが融通が利きやすいということだ。

 

客室に関するサービス

★存在しないサービスについて

タオルの追加、ポットのお湯の交換、お部屋の設備の説明などなど…。
客室担当係はお部屋に関することについての手配や管理を行っている。
従って、
「浴衣の帯の結び方を教えてほしい」
「携帯電話のアラームをセットしてほしい」
「ワイシャツのボタンを付けなおしてほしい」
などといった提供サービス外の要望には、なかなか対応しかねる。
ホテルスタッフは決してあなたの母ではありませんので…
家に電話でも掛けて自分のお母さんに頼んでください。

 

★ホテル周辺のお店のご案内

ごく稀にだが、特に海外の客から
「女の子と素敵なことができるお店はどこにありますか??!」
などと尋ねられることがある。
当然返答しかねるし、お店の案内はせめてインフォメーションデスクにて聞いてほしい。

 

★有料テレビ

同じく海外の客から
「セクシーなテレビ番組はどうやったら見れるの?!」
といった問い合わせを受けることがある。
誠に残念なのだが、海外からの団体客については客室のテレビを一括操作して有料テレビが見れないように設定していることがままある。
だから諦めてお国に帰ってから観賞してください…。

 

バスルームの清掃

シティホテルなんて一見華やかな印象だけど、バブル崩壊後はそんな景気のいい業界なんかではないし、ましてや掃除のおばちゃんなんて普通のパートのおばちゃんだし特に綺麗好きでもないおばちゃんだし何なら仕事早く切り上げて帰りたいおばちゃんだし、ホテルのバスルームの床や壁や備品が当然清潔なものだとは思わないほうがいいよ。
詳しいことは聞かないで。

 

色々な宿泊客

★女性グループの客

意外、かつショックだったのだが、女性グループ客の部屋の使い方がダントツで一番に汚かった。
特に若い女性客。ほぼもれなく汚い。
とにかく部屋が細々と散らかっている。
飲みかけのカップ、封を切った化粧品パウチ、使用済みのコットン、何かの紙切れ、お菓子の空き袋…
そういったものがキャビネットやサイドテーブルの上、バスルームなどに散乱していた。

 

★男性グループの客

意外なのだが部屋はわりときれいに使われていた。
ただ若年層のグループほど部屋が散らかっている傾向は高かった。
女性グループの部屋の汚さとはまた違い、乱雑に散らかっているという感じだ。
普段慣れないホテルに泊まるのが物珍しくて、部屋の中の引出しという引出し、備品という備品を取り出してみた、といった感じの散らかり方。

 

★修学旅行客

ホテルにとっての恒例イベント。
子供なので騒がしいし、絶対に一人は熱を出したりするし、大変と言えば大変なのだが、チェックイン・アウト時間と外出時間がきっちりと決まっているので楽な面もある。
部屋がすごく散らかっていそうなイメージだが、しかしそれについては滞在校によって明暗が分かれる。
いかに学校側からの指導が行き届いているかによって、部屋の使用状態が決定するようだ。
「ハズレ」校に当たると、パワフルな散乱部屋と格闘する羽目になる。
チェックアウト後の遺留品チェックの際にシーツをめくると、中から食べかけのパンやおにぎりが転がり出てくることもあって、「犬の巣…?」と目が点になったこともあった。

 

★ビジネスマンの客

社用でホテルに宿泊する客については、総じて部屋の使用状態が綺麗だった。
中にはベッドすら使用していない人もいて、ついつい
「昨日はどこでお泊りに?仕事の付き合い?飲み歩き?それとも羽目を外してお楽しみ~??」
と思わず詮索したくなるが、しかしそれ以上に部屋の清掃が楽なことに対して心の中で感謝をしていた。
(本日もお仕事お疲れさまです。あなたこそが神様です…!!)と…。

 

★外国人客

オーダーや問い合わせなどを受けて部屋へ伺うと、上半身裸の格好やパンツ一丁姿でドアを開ける人がけっこういる。もちろん男性客に限ってのことだが。
「外国人は温泉などで他人に裸を見られるのを恥ずかしがる」などといった話をよく聞くので、なぜホテルではパンツ一丁で平気で他人の前に出てこれるのかが不思議だったのだが。
何の違いなのだろうか。とりあえずパンツ履いてればOKってことなんだろうか。

 

★日本人よりも日本人らしい外国人客

日本語の流暢な外国人客には日本文化についても詳しい人が多かった。
先ほど外国人客は平気でパンツ一丁姿を他人に見せると書いたが、しかし彼らについては部屋の備品の浴衣を乱れなくピシッと着こなしていた。
そこらの日本人よりもはるかにピシッと着こなしていた。

 

★禁煙室で煙草を吸う客

たまに禁煙室で煙草を吸う客がいる。
喫煙室が満室だったのかもしれないが、我慢できないからといって禁煙室での喫煙はご遠慮頂きたい。
こっそりとバスルームで吸う客もいるが、明らかに臭いでばれているので。
吸殻などが残っていなければ何も言えないので、そのような時には安全面の点から部屋へとそっと灰皿を入れておくことで対応していた。
煙草の臭いの付いた禁煙室は臭いが抜けるまでは使用ができない。
オンシーズンなどには手痛い損失となる。
何よりも満室で次の予約が入っている場合にはホテル側の責任となってしまうのでマナーは守って頂きたい。

 

客室の防音性

ホテルの客室の防音性はあまり高いとは言えない。
ドア下に朝刊や夕刊を差し入れるための隙間が空いていることもあり、話し声などはけっこう外へと響く。
なので夜遅い時間に騒がれるのは当然他の客への迷惑となるし、恋人どうしの愛の囁きなんかも控えておいたほうがいいかしれんよ。

 

死人部屋

ラブホテルに限らず、ホテルでの心中は別に珍しいことではないらしい。

 

ブラックリスト

部屋の使い方が汚い客や言動に問題のある客などについては、当然記録に残してある。
ホテル業界に限ったことではないが、普段はライバル関係にある同業者間でも問題客の情報は共有している。
常習的に問題を起こす客については宿泊拒否の対象となる。
それでも何度も名前を変えては新たなホテルに泊まろうと画策する人もいるが、ブラックリスト客とばれた時点で
「○月○日、××という名前で△△ホテルに来館」
といった具合に、その都度記録が付けられることになる。
若気の至りで将来どこのホテルにも宿泊できなくなるというようなことが無いようにお気を付けて。

 

チップ

★外国人旅行客のチップ

海外からの客は自分の国の習慣として、チェックアウトの際にチップを置いて行く人が多かった。
その部屋に滞在した一人ひとりが各々の枕元にチップを置いて行く、といった感じだ。
そして置かれているチップが税込みで支払われていることもわりとあった。
つまり消費税が5%なら、100円玉と5円玉を1枚ずつを枕元に置いていくといった感じに。
とても律儀だなと思った。
私が勤務していた当時は5%の税率だったが、8%へと引き上げられた現在は100円玉1枚と5円玉1枚と1円玉3枚を置いて行っているのだろうか…
少し気になる。

 

★日本人旅行客のチップ

日本人客でもたまに枕元にチップを置いていってくれる人がいる。
わざわざポチ袋に入れてくれている人やお礼文を書いてくれる人もいて、とても嬉しかった。

 

★チップの行き先

せっかくチップを置いていって頂いたとしても、職場の規定では客からの金品の受取りはできないことになっている。
それではチップは一体どうなってしまうのかというと、部屋に残されていたお金についてはまず上司へと報告する。
そして記録を付けた後に一定期間はホテルにて保管しておき、その後は期間分に出たお金をまとめて警察署へと届け出る。
その先の行方については何も知らない…
今これを読んでおり以前にチップを置いてくれたことがある人はガッカリした気持ちになっているかもしれない。
それについては本当に申し訳ない気持ちでいっぱいだ…。
しかし、大丈夫。
そのうち仕事に慣れてくるにつれ、チップを見つけた際には黙ってそっとポケットにしまえるようになるので。
上司の顔にも「もぉ~…黙ってもらっておけばいいのに~…」って書いてあるし…(処理がめんどうくさいから。)

 

滞在中のゴミ

★チェックアウト時のゴミ

滞在中に出たゴミについてはできればゴミ箱へと入れておいてほしい。
ゴミ箱に入らない分についてはゴミ箱の横へと置いてくれれば大丈夫。
明らかにゴミと分かるものなら別に無理にゴミ箱へ入れてくれなくてもいいんだけど、ゴミかそうでないか判別のつかないものについてはいちいち遺留品処理に回さなければならないのでとても面倒なのだ。

 

★律儀な清掃員の遺留品処理

忘れ物の報告は大抵チェックアウト後の部屋の清掃に入った清掃員がしてくれることになる。
100均のカミソリや封の開いたお菓子など、わざと部屋に置いていったであろう物についてはゴミとして処理してくれるのだが、律儀な清掃員になるとそういったものでも全て忘れ物として報告してくれるのでとても大変だ。
中には1dayコンタクトレンズが乾燥ワカメのように干からびたものまで遺留品処理に回してくる人もいるので、
(そんなもの取りに戻る客がいるんかい。それを水に浸けてふやかして再利用するとでも思ってるんかいっ)
とイラッとする羽目になる。

 

律儀な清掃員の遺留品処理 2

清掃員がひとり、たまごボーロを一粒指につまんだ状態で
「これ床に落ちてたんですけど、遺留品に取っておいたほうがいいですかね…?」
と聞いてきたことがあった。
取っておいたほうがいいわけなどない。今すぐ捨てろ。

 

★エロ本の忘れ物

エロ雑誌が部屋に残されていた時は、私は問答無用でそれをゴミに回していた。
決して嫌悪感からではなく、単純にそんなものを取りに戻る勇気のある客などいないだろうという判断のもとでだ。
もしも取りに戻った客がいた時には、もちろん謝罪と弁償をさせて頂くつもりだった(いなかったけど)。
しかしその際には、年齢・職業・家族構成などのデータを取らせて頂きたい。どんな人間なのかとても気になる。

 

★外国の硬貨の忘れ物

おそらく日本に来る前の海外周遊の際に滞在したのであろう国の硬貨を部屋に置いていく外国人。
自国に帰ったら使い道がないからゴミと一緒に置いていくのだろうけど、マジでやめてほしい。
日本の硬貨じゃないから警察署に届けるわけにもいかないし、両替しても手数料にそのまま消えていきそうな金額。
上司も処理がめんどくさいから、「記念にもらっておけば?」とか言いやがる。
何の記念だ。いらん。いまだに家の引出しの中に眠ってるんだけどっ。

 

…と、こんなふうに遺留品の仕分けや処理はとても大変なので、時間が許す時だけで構わないのでどうかご協力願いたい。

 

東京バナナ

「東京ばな奈」は言わずと知れた東京の定番土産のひとつだ。
その人気にかこつけて、時々ホテルの部屋に果物のバナナにマジックで「東京」と書いた自作の「東京バナナ」を置いていかれるお客様がいるが、ホテルのスタッフはそのような工作物には見慣れているので、ウケるどころか一瞥した後に捨てられる。

 

忘れ物

★一番多い忘れ物

衣類・小物・食品、などなど…
毎日色んな種類の忘れ物が発生していたが、その中でダントツに多く発生し、ほぼ100%の確率で客が取りに戻る、もしくは自宅へ発送するものがあった。
それは携帯電話の充電器だ。
無造作に落ちていることもあったが、ベッド横のサイドテーブルの上に置かれていたり、部屋の隅のコンセントに差さったままになっている、といったことが多かった。
チェックアウトの際には今一度確認をしてから出発したほうがいい。

 

★慌てて忘れ物の問い合わせをしてくる客

チェックアウト後に間もなく忘れ物に関する電話がかかってくることがある。
受話器の向こうで
「鞄の中に無い!どこにも無い!ホテルの部屋に忘れた!絶対そこに忘れた!」
と大騒ぎされることがあるのだが、そういった客に限って自分の鞄の中に持っていたりする。
とりあえず落ち着け。
慌ててホテルに電話をかける前に、深呼吸して冷静になってからもう一度鞄の中やポケットの中を探してくれ。

 

★従業員を疑う客

チェックアウト後に財布を持っていないことに気が付いて部屋に取りに戻った客。
「部屋の中を探したけど無かった!ホテルの従業員が取ったんだと思う!!」
と大騒ぎしていたけど、結局従業員の誰にも心当たりが無いということで納得できないまま出ていったが、その後警察署から落し物の連絡が来たらしい。
何でも前日の夜にホテル近辺に落ちていた財布を親切な人が拾って届けてくれたらしい。
…その財布そもそもホテルに持ち込んですらいないじゃん。
おまえマジでふざけんなよ。

 

★忘れ物の報告

忘れ物についてだが、ホテル側から客のほうへ積極的に連絡をするようなことはしていなかった。
忘れ物の内容や、各ホテルによっても規定に違いはあるかと思うが、私の勤務していたホテルでは基本的にそのような対応が取られていた。
「誰」と「誰」が「どのような関係で」ホテルに滞在しているのか事情は様々。
ホテルの部屋にどのような忘れ物があったのか、わざわざプライベートに触れるような電話は入れないほうがいい。というのが理由だった。
なかなか闇深い理由だった…。

 

どうぞ素敵な滞在を

かなりざっくばらんに書いてみたが、もちろんこの他にも書きたくても書けない話もたくさんある。
しかしとりあえずは当たり障りのない範囲の話だけで。(多分障ってない。)

 

ホテル滞在中は慣れないことや分からないこともあるかと思うが、その際にはどうぞホテルスタッフへと尋ねてほしい。
ただし常識の範囲内であることが望ましいが。

お客さまもホテルスタッフも同じ人間。
お互い気持ちよく関わることで、より良いホテルライフが過ごせるかもしれない。

どうぞ良質な滞在を楽しんでもらいたい。