メルカリで細長い物を送る方法は?送り状はどうやって貼るのか?

以前から実際に送ることになったらどうしようかとは思っていたのだが、ついにそれが現実のものとなった。

ついにメルカリで細長い商品を送る機会がやって来た。

長ーーーい。

「送料が高くつく」とか「梱包が面倒」とか色々難点があるとは思うんだけど、メルカリ便を利用しているユーザーにとってはそれ以上に切実な事がある。

送り状は一体どうやって貼ればいいんだ?
という疑問である。

 

スポンサーリンク

メルカリ便で長い商品はどうやって送るのか?

長い商品と言えど、メルカリ便の規定サイズに収まってさえいればメルカリ便の利用自体は可能である。
今回送る商品は長辺約120㎝の長さ、3辺合計140㎝以下、規定サイズ内。

しかし肝心の送付状をどこに貼ればいいのか?というのが問題である。

以前に某宅配業者の発送サービスを利用した際に、小さな発送物の上面から側面にかけてクルッと送付状を沿わせて貼り付けたことがあるので、メルカリ便についてもその要領で送れるのではないかなと思うのだが…

送付状は実際にどうやって貼ったのか?

今回利用したのはらくらくメルカリ便集荷サービス
なのでヤマト運輸のスタッフがあらかじめ送付状を作成して持って来てくれるシステムだ。

「きっと送れるはず…!!」
という願望にも似た推測のもと、ヤマトの人を待つ…
ドキドキドキドキ…

玄関チャイム「ピンポーン♪」
来たーーーーー!!!!!

集荷スタッフの方に荷物を差し出しながら「送り状は貼れますか…?」と恐る恐る伺うと、
「荷物が細いので送り状を2面にわたってペタペタっと貼りますね ^^」
とのこと。

画像で貼り方を説明するとこんな風に。

やっぱり大丈夫だった!
推測通り!(ドヤァッ)

届きました!

発送した商品はいつもと変わらない配達日数後に、購入者様のもとへと無事に届きました。

※注意点

今回発送した商品は短辺の長さが約6㎝×6㎝、伝票のサイズが下記の画像の通りなので、送り状を折って2面に貼り付けることになった。

なので円筒形の発送物についてはクルッと巻き付けて貼るのだろうと思う。

…では、今回よりもっと細い立方体の商品を送る場合は、3面、4面を使って貼ればいいか?ってなるかもしれないけど、うーん…

あまり細かく折り曲げて印字が読みにくくなってもトラブルの元だし、何より印字されているバーコードが読み取れなくなる可能性がある。
(※なので円筒形の発送物については、バーコードが湾曲しない方向に送付状を貼り付けるよう注意しなければならない)

※送付状の外観についてはメルカリサイトのこちらのページをご参照ください。
【匿名配送の送り状には出品者・購入者の情報はどのように印字されますか?(らくらくメルカリ便)】

バーコードが読み取れなくても、伝票番号が可読であれば手入力で対応してもらえるのかな…?とは思うけれど、あまり敢えて面倒な送り方はしないほうがいいかもしれない…

そう考えると、店頭持ち込みの場合ならゆうゆうメルカリ便よりもらくらくメルカリ便のほうが送付状は貼りやすいのではないだろうか?

らくらくメルカリ便では下のようなレシートと同じ幅の送付状が発行されるので、透明の袋を貼り付けた後の挿入作業がやりやすそうではある。

 

色々と書いたけれど、万一発送できなかった場合、メルカリ便はQRコードの再発行ができないなど対応が少々面倒になる可能性もあるので、あまり無理のないサイズで発送作業を行うのが無難だと思う。