夜勤は健康に悪い??実際に働いていた時のつらい理由

医療関係や製造業の現場では夜勤スタッフの募集は珍しくなく、時給が高いという点では魅力的な仕事である。

特にアルバイトで生計を立てていて
「今月は祝日が多かった…はあ…来月は赤字決定…。」
なんていう生活をしている人には夜勤バイトの高時給はかなりの魅力だ。

実際私も夜勤の仕事をしていたことがあるが、日勤の時とはかなり手取り額に差があり、そういった点では金銭面でも精神面でも余裕が持つことができた。

しかし一方で夜勤が原因で体調を壊す人がいるのも事実で決してメリットだけとは言い切れない。

実際に自分も慢性的に体調がすぐれないような状態になってしまい、夜勤の仕事は1年と続かなかった。

 

スポンサーリンク

夜勤を選択するのはどんな人なのか?

周囲の人々とはズレた生活リズムになってしまう夜勤だが、それをあえて選ぶのはどのような人なのか?

 

1 お金を稼ぎたい
2 職場の人間関係がいや
3 気分転換がしたい
4 もともと夜行性

大半が1のお金を稼ぎたいって人。あまり若くない人で夜勤を希望する人に一番多い理由。
他にも2の人間関係がイヤだから人の少ない夜勤を希望するという人もいる。
その派生形として、最近の仕事関係や人間関係が上手くいっていないから思い切って気分を変えたいっていう3の人も。
あとは単純に普段の生活が夜型だからっていう理由の4の人も多い。

夜勤をおすすめしない人

夜勤には魅力的な面もあるのだが安易に選択するのはやめておいたほうがいい場合もある。

次に挙げる人にはあまりおすすめはしない。

 

1 もともと昼型の人
2 家庭のある人
3 昼型生活の友人とも交友を続けたい人
4 日常生活で昼間開いているお店を利用する人
5 あまり若くない人

基本的には今まで昼型の生活を送っていた人には夜勤はおすすめできない。

「一生続けるつもりはないから。」って人にもやはりおすすめできない理由があるのだが、それは次の項目で説明していく。

 

夜勤をおすすめしない理由

夜勤をおすすめしない理由は、基本的に周囲の人たちと生活リズムが合わないのと、そこが起因となる不便さや身体的・精神的つらさなどがある。

 

理由1 体のリズムが切り替わるまでに時間がかかる

昼型の生活から夜型の生活に体のリズムを切り替えるには当然時間がかかる。
私の場合は夜型の生活に適応するまでに約2週間ほどかかった。

そうなると2交代制や3交代制の勤務の人って相当体がしんどいんじゃないかと思う。

最初の2週間を過ぎるまでは常にだるい感じで、夜中の2~3時を過ぎたあたりから集中力が低下し意識がぼんやりとしてくる。
眠いのとはまた違う感覚で、昼間に睡眠をきちんと取っていてもそのような状態になってしまう。

丑三つ時を過ぎたあたりから、流れ作業でA→B→Cと進めるところを、A→…A→…A…と無意識に行ったりしていて、自分で自分の体の状態に気味悪くなる。

理由2 昼間は意外と寝れない

体内時計が切り替わるまでは、夜間きっちりと働いていても日中に熟睡できない。

昼型の生活をしていた時は、休日に読書をしていたら寝落ちしてしまい気が付いたら夕方…なんてことがよくあり、余裕で眠れると思っていた。
しかし驚くほど眠れなかった。

同じ夜勤スタッフの人や夜勤の経験のある人に聞いてみると同様で、「1~2時間ごとに目が覚める」と口をそろえて言う。
まさにその通りだった。

理由3 体がだるくて食欲が出ない

体内時計が切り替わってくるまでは体がだるい上にあまり食欲がわかない。

労働をきちんとこなして動き回っていても不思議とお腹が減らない。
それが理由なのか、夜勤の休憩時間には食事を取らない人がちらほらと存在する。

あまり体がすっきりしない感じで、昼間熟睡できなくて食欲もわかない…
なんて、何だか体の感覚が麻痺しているような感じでちょっと怖い。

理由4 仕事帰りにお店に寄れない

夜勤明けの時間帯に開いているお店といえばコンビニや吉野家くらいしか無い。

仕事帰りにちょっと本屋に寄る、ちょっと洋服を見て帰る、なんてことができない。
たかが雑誌一冊、靴下一足くらいのことでも、わざわざ休日などに時間を作らなくてはならない。
めちゃくちゃめんどくさい。

何よりスーパーに寄って帰れないのがすごく不便。
退勤後に一度家に帰ってからか、もしくは出勤前に買い出しにでるか。
いずれにしても無駄な一往復が日常的なこととなるとすごくしんどい。
どちらを選択しても、夜更かしするか早起きするかってことになるので生活リズムが狂う。

理由5 病院が開いていない

夜起きて体調が悪くても病院が開いていない。

19時くらいまでなら診療している医院もあるが、身支度しているうちにそんな受付時間は過ぎてしまう。
そして「病院に行くので遅れます」っていう選択肢が無い。

夜勤が明けてから病院に行くという方法もあるが、帰宅時間から診察時間までの間が微妙に空いているので、一度家に帰って空いた時間に雑用をこなしてからまた出かけるとなるとものすごくしんどい。
体調が悪い時だからなおさら出かける気が失せる。
何より早く眠って休みたい。

理由6 昼型生活をしている友人と生活が合わない

お互い半日ずれた生活をしているのでタイミングが合うわけがない。

夕方以降の時間なら合わせることも可能だが、こちらが朝ごはんの時間帯でも相手は夕ごはんの時間帯なので、食事もそうだがそれ以外についても何かと噛み合わなくてつらい。

何より相手がオールで付き合ってくれるなら別だが、そうでもなければあまり長時間遊べるわけではないし行き先の選択肢も限られている。

理由6 夜型の体内時計が原因で日中の生活がきつい

夜勤の生活をある程度続けていると、そのうちに体のリズムが夜型へと適応していく。

しかし冠婚葬祭や友人主催のイベントなど、付き合いの関係上日中に出かけざるを得ない時もある。
そんな時に夜型の生活リズムが身に付いていると少々困ったことになる。

仮眠を取ったにも関わらず、体が常にだるい・眠い。
朝から何も食べていないにも関わらず全く食欲がわかない。
お開きになって疲れたので帰宅後眠ろうとしても、夕方になると目が冴えてきて眠いはずなのに眠れない。
その上急に食欲が出てきて更に目が冴える。
結果、一睡もできない。なんてこともある。

理由7 夜勤を辞めたあとも体内時計が戻るまでに時間がかかる

ある程度の期間夜型の生活を送っていると体はそれに適応するので、もし夜勤の仕事を辞めて日勤の生活に戻ろうとしても、体が慣れるのにはまたそれなりの時間を要することになる

個人的な感覚だと、日勤から夜勤に変わった時よりも、夜勤から日勤に変わった時のほうがよりきつかった。

また勤務先を変えての転向ならば、前職で夜勤をしていたことを誰も知らないことになるので、体調に関する周りからの理解が得られない可能性がある。

理由8 気付かないだけで実は疲れている

実はこれが一番怖いんじゃないかと思うんだけど、夜勤をやっていると自覚が無いだけで実は疲れている可能性が高い

夜勤をしている人の話を聞いていると「なんとなくだるい」という声をよく聞く。
私自身も同様で、体が夜型のリズムに慣れてからもこの「なんとなくだるい」という状態は続いた。
激務で疲れているわけでもなく、食事や睡眠に気を付けていてもなにかスッキリしない感じ。
なんだかじわじわと体が蝕まれているような感覚。

そういった感覚は30歳を過ぎたあたりの人たちから徐々に感じ始めるようだ。

若い人は体力があるのか総体的に問題無く生活している人が多い。
しかし後々になってからその時の生活の影響が出ないという確証も無いので、あまり無理はしないほうがいいかもしれない。

やはり人間は日光を浴びて生活するほうが健康的に過ごせるらしい。

 

夜勤に向いている人

夜勤はできればやらないほうがいいと思うが、比較的向いていると思う人は次のような人。

 

1 もともと夜間に生活している完全夜型人間
2 交遊関係が夜型人間ばかりの人
3 あまり友人との付き合いを必要としない人
4 用事はコンビニ・ネットスーパーくらいで事足りる人

もともと夜間の生活の方が向いている人なら問題無いだろうし、あとは世間一般の生活リズムとズレがあっても支障の出ない人。
夜勤をすることでストレスを感じない人なら向いていると言えるんじゃないかな。

 

金か健康か?夜勤の選択

夜型人間以外で夜勤を希望する人って大抵はお金が理由だと思うけど、あまり安易に考えるのは止めておいたほうがいいと思う。

体調を悪くする可能性も念頭に入れて自分を取り巻く支援環境も含めて考えるのがよいだろう。

家庭を持っている人で夜勤をしている人にはやむを得ない事情の人が多いけれど、できるだけ家族の人にサポートをしてもらえるように環境を調整する努力をしておこう。

お金か?それとも健康か?
安易に選んだ結果、体を壊して余計に困窮するようなことにならないよう、よく考えてから夜勤の選択をするようにしてほしい。

 

夜勤の人間関係は楽なのか?実際に入ってみないと分からないかも…
「働くこと自体にそれほど抵抗はないのだけれど、職場の人間関係が嫌だから仕事に行きたくない…」 という人はけっこう世の中に多いのではないだろうか。 実際に職場の...