賃貸入居時の害虫対策・『消毒』は必要なかった…自分でバルサンするだけでも十分!

賃貸入居時にもれなく契約のオプションとして付いてくる害虫対策のための
消毒」。

大体の相場が1~2万円と、バカにできない金額が見積もられており思わず躊躇してしまう。

しかしその「消毒」の効果は本当にあるのか?

引っ越しには様々な諸経費が掛かるため、できるだけ無駄な出費は抑えたいところだ。
もしも「消毒」があまり効果の無いものならお断りしたいところ。

私も最初の契約時にはかなり悩んだのだが、それからの数回の引っ越し経験を経て出したのは
「消毒って必要無いな!!」
って結論。

もしもあなたが今「消毒」が必要かどうかについて悩んでいるのなら、1サンプルとして私の経験を参考にして頂きたい。

 

スポンサーリンク

「消毒」有り・無しでのゴキブリの出現率

私自身の引っ越し経験は3回とそれほど多くない回数なので、データとしては不十分かもしれないが、『同じ生活スタイルの人間が場所と条件を変えて住んだ結果のデータ』として見て頂ければと思う。

 

住居の条件や害虫(G)の出現回数をまとめると下記の通り。

引越し回数 消毒の有無 居住環境 G出現回数
1回目 有り 繁華街近くの住宅地 1~2回
2回目 無し 典型的な住宅街 1~2回
3回目 無し 自然多めの住宅街 1~2回

「消毒」における害虫対策の『害虫』っておそらくゴキブリのことをメインに指していると思うので、ここでは奴らに焦点を絞ることにする。

 

「消毒」を依頼したのは引っ越し1回目のみ

しかし「消毒」を依頼しなかった2・3回目については、荷物の搬入前に自分でバルサンを1回焚いている

住居の環境については、周辺の環境が多少違うものの共通して「住宅地」である。
賃貸物件に関しては典型的な集合住宅で、階下に商店が入っているなどの環境ではない。

そして肝心のGの出現率についてだが、いずれの賃貸物件でも入居してから1~2ヶ月の間に小さめのが1~2匹が現れたのみで、その後はGの姿を見たことはない。

 

上記の3回の引っ越しの条件と結果を踏まえてみると
「消毒」有りでも無しでもゴキブリの出現率は変わらんやん
っていう事実。

消毒を断る理由1 不動産業者の説明不足

住んでみた結果としてのGの出現率も理由のひとつなのだが、私が「消毒」を断る理由としては他にも不動産業者の「消毒」に対する説明不足というのがある。

 

賃貸契約の際には必ず「消毒」作業をすすめられるので、その度に「消毒」の詳細を聞いてみるのだが毎回明瞭な答えをもらったことが無い。

「消毒って何ですか?」と聞いても
「ゴキブリなどの害虫を寄せ付けないようにゴニョゴニョ、お部屋に消毒作業を施すんですゴニョゴニョ。」
という具体性の無い説明をされる。

もう少し突っ込んで「消毒って何するんですか?」と聞いてみても
ゴニョ、お部屋に消毒薬を…散布するんです…ゴニョニョ。」
って感じでやはりよく分からない。

それはどうやって行うんですか?って聞くと
「…それは業者が…ゴホンッ
って感じで、要するに答えたくない、もしくは答えられないんですね?っていう。

あまりに歯切れの悪い返答ばかりなので、「消毒」作業自体を本当にしているのか??という疑問が生じてくるし、やってたとしても適当にバルサンとかをプシュっとしてるだけなんじゃないの?とも思えてくる。

そのような対応なので不動産業者に対しての不信感からお断りをするのだが、「消毒」を断ると毎回あからさまにガッカリとした反応を取られる。

「消毒」は業者の仕事やのになんでお前らがガッカリすんねん?
と思うのだが、きっと業者から仲介料とかを取ってるんでしょうね、おそらく。

やっぱり断るわ。

消毒を断る理由2 有りでも無しでも結果は同じだった

先ほども同じことを書いていたが、「消毒」有りでも無しでも新居に住み始めてからのGの出現率は同程度だった

「消毒」無しを選択した場合には自分でバルサンを焚いていたので、何かしらの防虫対策をしていたことにはなる。

その結果、ゴキブリが出没したのが共通して住み始めてから1~2ヶ月の間だけなので、業者に頼もうが自分でバルサンを焚こうが効果は変わらないということになる

じゃあもう「消毒」なんて頼まなくていいやん… てなるよね。

消毒を断る理由3 住み始めてからの生活環境が重要

例え「消毒」による効果があったとしても、部屋の使用状態が劣悪だと当然それが原因となって新たにGが発生することになる。

また、いくら自分の部屋を清潔に保っていたとしても隣近所の部屋が不衛生だとそこで発生したGが自分の部屋にまで侵入してくるという可能性もある。

「消毒」はあくまでも入居前の部屋を防虫する作業であって、その後の不可抗力的な要因にまでは対応できない。

また、周囲の声を聞いてみると居住場所の違いがあるものの、きれい好きな人の部屋ほどGの出現率は低いようだ。

Gから部屋を守るには、普段の身のまわりの環境を清潔に保っておくのが重要らしい。

入居前には 最低1回のバルサンを

ここまでに書いてきたとおり、私自身は「消毒」は必要ないと考えているのだけれども、もしもあなたが「消毒」を依頼しないと決めた場合には、入居前に一度だけでもバルサンなどの防虫剤を焚いてほしい。

部屋見の段階でどんなにその部屋が綺麗に見えたところで、前の入居者がどのような状態で使用していたかは分からないし、もしかするとゴキブリの卵だってあるかもしれないのだ。

荷物の搬入前に1回、できればその約2週間後、Gの卵が羽化する頃にもう1回バルサンを焚いてほしい。

そしてバルサン散布後には換気を十分に行い、念のために壁や床をクイックルワイパーなので拭いておこう。