ランドセルのお古ってあり?なし?お下がりをもらった子どもの気持ち

もうすぐ新生活の始まる季節だ。

4月1日には街中が真新しいスーツをピシッと着た新入社員の若者で溢れるし、その後数日経ったら学生たちの入学式がやってくる。

新入生の中にはピカピカのランドセルを背負ったちびっ子達もいてかわいいのだが、私はその姿を見ると毎年どうしても思い出してしまうことがある。

それは自分が小学生の時に、新しいランドセルを買ってもらえなかったことだ。

 

もう少ししたら小学生になるっていう頃に、母親と姉に「ランドセルだよ、来てごらん~」と呼ばれたので、私はテンションマックスですっ飛んで行った。

しかし、「はい、これ。」と差し出されたランドセルを見て私は愕然とした。

それは姉のお古のランドセル。しかもとんでもなくボロい。

どれだけボロいかっていうと、多分みんなの想像を絶するくらいボロい。
高学年男子でもそんなにボロいランドセルを背負っている子は見たことがない。

そんなランドセルを「はい、これ。」と渡された私は絶句するしかなかった。

しかしそんな私を尻目に母と姉の2人は「背負ってみて!」「似合うかな?!」とか楽しそうに言う。
そして「かっこいい!」「お古だけど全然いい!」「お古だけど全然大丈夫!」とか、更にけしかけてくる…

もう、お古のランドセルで我慢させようとしているのが見え見えで…

しかし実際に実家は貧乏だったので、「どう?!お古がいい?新品がいい?」と2人に詰め寄られた時には、(私が我慢したらいいんだよね…)と、「お古でいい…」と笑って頷くしかなかった。

その時の2人の嬉しそうな顔といったら…
そして、2人で「してやったり」と目配せし合っていたの、全部見えてた…見えてたよ…

何が悲しかったって、新しいランドセルを買ってもらえなかったこと以上に、私の気持ちを全く気付かってくれなかった親たちの行動だ。
子供心にも、(「今お金が無くて買ってあげられないの。ごめんね。」と、どうして正直に言ってくれないの?)と恨みに思った。

入学してからも、毎日の登下校が嫌で嫌で仕方がなかった。

周囲の無遠慮な視線と笑い声…
しかし自分で「お古のランドセルでいい」と言ってしまったからには、親にも愚痴れない。

なんで自分はもっと終戦直後とかの時代に生まれなかったんだろう…とか、ドラえもんのタイム風呂敷欲しい…とか、もんもんとしていた。

 

ランドセルって、節約したい親からすれば消耗品なのかもしれないけど、子供にとってはこれから始まる新生活の象徴みたいなものなのだ。
キラキラと希望にあふれた未来への、いわば小学校の入学祝いとも言えるものなのではないだろうか?

子供にとって「ランドセル」とは「ランドセル」以外の何ものでもない。
親と同じように「数万円する鞄」という価値観では見ていないのだ。

本当に経済的に厳しくて、娯楽費も外食するお金も無いというのならお古でも仕方ないと思うけど、「買わなくて済むならラッキー」ぐらいなら絶対に買ってあげたほうがいいと思う。
親からしたらそうでなくても、その子にとってはすごく大切なものなのかもしれないよ。

「本人が承諾した」っていう場合もあるだろうけど、それって本当にその子は本心から「お古でもいい」と思ってるのかな?っていう疑問。

ランドセルがお下がりってことは、普段から色々とお古のものを使わせていると思うので、そういう子は小さい頃からすでに諦めモードで親に気を遣っていることが多い。
本当にお古でも気にしない子もいると思うけど、自分から「お兄ちゃん・お姉ちゃんのがいい」と言わない限りは、新しいランドセルを買ってあげてほしいなあ。(通りすがりの声)

その時は「お古でもいい」と言ったとしても、本人は後々までずーーと、トラウマとして覚えてたりするんだよな…

そう、今こうやってこれを書いている私みたいに…(妖怪らんどせる未練たらたら)