「30代の未婚女性は地雷なのか」と質問されたので「そうだ」と答えておいた話

以前、同じ職場のある独身男性(30代)に、「30代で独身の女性は地雷ですよね~?」といった質問を唐突に投げかけられたことがある。

質問相手である私はまさに30代の独身女性。

ん?どういうつもりだ?突然の宣戦布告か??
と、すわ臨戦かと思ったのだが、相手は何やらちらちらと視線を向こうのほうへと送っている。

視線の先にいるのは、最近結婚が決まったという30代の美人女性A子さん。

どうもその男性はA子さんのことを言っているらしく、相変わらず「地雷ですよね~選んだら失敗ですよね~」と繰り返しているのだが、明らかに未練たらたらなご様子。
自分の狙っていた女性が結婚してしまい、ショックなのだが現実を受け入れることができないのだろうか。

これがいわゆる「酸っぱい葡萄の心理」ってやつか…
いや、ただの負け惜しみか愚痴なのか…

…しかしなぜ私に愚痴る?
同じ30代独身女性である私に対して八つ当たりでもしているのか?
それとも今発言した嫌味をA子さんに伝えてほしいとか?
いずれにしても情けねえなあ…

しかしせっかく質問をされたのだからと、ここはひとつアドバイスをしてやるかと思い、
「そうです、30代の独身女性は地雷です。だからあなたも20代で結婚できているB子さん(お局)やC子さん(愚痴り)やD子さん(ヒステリー)のような女性を掴まえないとダメ。」
と助言をしたところ、ものすごく嫌な顔をされた
解せん…

まあ私が結婚できない理由はこのへんにあるのだと思うけど、しかし30代独身女性が地雷なのかどうなのかという話に戻すと、20代で結婚した女性にも地雷はいたと思うよ?

傍観者の立場で言うと、未婚をこじらせて文句ばかり言う女性も、毎日のように旦那の悪口を言う女性も、同程度にめんどくさいし厄介だ。
結婚できている・できていないの違いこそあれど、両者の本質はたいして変わらない、根っこの部分は似たような人間なのではないのか。

既婚女性の中には、わざわざ若い子どうしの恋愛に「あの子不倫してるんだよ~(嘘)」とか邪魔をしに行く人間もいるので、結婚しているからと言って人間ができているわけでも、他人の幸せを妬まないわけでもないらしい。

そのような女性と結婚をした男性側だって、よほど大義名分のある理由でもなければ、自分がそのような地雷を掴まされたなんて気安く他人に言えないのではないだろうか。

時々友人知人の男性から、なぜそのような女性と結婚をしたのか?と思えるような愚痴話を聞かされるのだが、たいてい「変に思うことはあった…」「そのうち直ると思った…」といった理由をぼそぼそと言われる。

引っかかる所はあったけれど自分の気持ちを納得させて結婚をした、ということだけれど、それって単に「自分が選んだ葡萄は甘いものだと思い込みたかった」だけなのでは?と思えるのだが、さすがに私もそこまでは突っ込めない。

しかし酸っぱい葡萄であれ何であれ、今結婚できているということは、それなりに自分を客観視することができて、結婚をするのに健全な女性であるのだと相手に見せかけることができたということだ。
なので「結婚願望がある上で、結婚できるのか・できないのか」という点から言えば、結婚できている女性のほうが確かに地雷率は低いのかもしれない。

 

しかし時代も変わってきているというのに、いまだに「30代女性は売れ残り」だとか時代錯誤なことを言うおっさんはいるものなのだ。

以前の職場にいた仕事のできる明朗で美人な女性は「男の子は可愛ければそれでいい。」と言っていた。
「可愛ければいい」とは顔のことではなく、優しくて愛嬌があって自分の心に潤いを与えてくれるのならそれで十分、なのだということらしい。
前時代的な「俺について来い」「俺が守ってやる」というような暑苦しい男気は求めていないというのだ。

結婚や恋愛の価値観が多様化したことによって変化があったのは、圧倒的に女性側においてであるだろう。

一方、女性に対して「若さ」「美貌」更には「キャリア」まで求めるくせに、自分には取り立てて何の取り柄もなく、その上性格をこじらせてしまっている30代未婚のおっさんの可愛げの無さときたら…
こじらせたおっさんは、時にはこじらせたおばさんよりも質が悪かったりする。

A子さんの結婚に対するおっさんの「30代未婚女性は地雷」発言は、「地雷でしょ?そうなんでしょ?!そうだと言って!!」という自分の気持ちを納得させるための必死の理由探しでしかない。

いい大人なんだから現実逃避なんてしていないで、自分の感情くらい自分で処理したらどうなんだと呆れる反面、そんな幼稚な人間が木の上の葡萄を虎視眈々と狙っていたのか…と想像するとちょっと怖くなる。

素直じゃないなあ…
とか思いながらも、ツンデレな若い女の子の恋愛話ならともかく、なんでこんなひねくれたおっさんの愚痴を聞かされてんのかと思うと自分が情けなくなってくる。

「類は友を呼ぶ」という諺もあるし、じゃあ同じ環境にいる自分はもしかして同類なのかと思うと、急激に不安な気持ちが湧いてくる。

こんなおっさんのいる職場からは早く離れたいと願う、そんな30代未婚の今日この頃だ。