派遣社員だけど、忘年会にも新年会にも参加したくないので誘わないでほしい

今年も、もう年の瀬…

オフィス街のあちらこちらから「忘年会出たくない…」「新年会行きたくない…」などといったつぶやきが飛び交う季節がまたやって来た。

 

生産性が無い・残業代も付かない毎年恒例のこのビッグイベントは正社員達から生命力を奪っていく。
そして当然ながら派遣社員達も、年末の物要りな時季に薄給の人間から身ぐるみを剥いでいくようなイベントになど参加したいとは思わない。

中には「派遣社員だけ誘われない」ことに対して嘆く人もいるが、「飲み会に参加できない」ことへの嘆きというよりも、「日頃同じ仕事をしているのにも関わらず疎外されている」ことへの不満といったほうが正しいのではなかろうか。

 

だいたい飲み会に誘われたところで、職場内での新参者・部外者に対する疎外なんてものは常日頃から存在しているものだ。
女性どうしでは特に顕著なのではないだろうか。

飲み会に関しても、女性社員達が気遣いを装い、「嫌だったら無理に参加しなくてもいいんだよ~?^^」と口では言いつつも、「え?まさか参加しないよね?!部外者がいると邪魔なんだよね!」と目で威嚇してくることも珍しくはない。

中には「わたし次の飲み会でイケメン君を落とすつもりだから、あなた達は参加しないでよね?」といった趣旨の発言をしてくる猛者もいて、もはやおののきを通り越して呆れ返る。

思わず、「派遣社員が参加しなかったところでお前の勝率が上がるわけやないんやで?てか、周りの評価によるとお前はもともと戦力外やで?」と、本音がポロっと出そうになる。危ない危ない。

 

会社に気を遣って無理に参加したところで居心地が悪いだけだし、会場では派遣社員どうしで座って縮こまって過ごす…なんてことになる。

せめて会費分だけでも飲んで食って元を取りたいという気持ちがあるんだけど、あんまりでしゃばって飲み物のオーダーもできないし、食べてるばかりじゃなくて周囲ともコミュニケーションを取らなきゃならないし、何ひとつ楽しくない。

挙句、酌して周ったり、プライベートな質問を投げかけられたり…

普段の仕事よりもハードなのに、お金を払っている上に残業代も出ないなんて…
もう、ラベルをきちんと上にしたビール瓶を嫌いな上司の頭に振り下ろして、そのまま颯爽と自宅へと凱旋したくなるよね。

 

そんなわけで、忘年会や新年会には1ミリも参加をしたくないわけなのだが、それでもやはり親切心なのか義務感からなのか、職場からは毎回めんどうくさい誘いを受けることになる。

参加率を上げるためなのか、「花があったほうがうれしいから~」などとよいしょして誘ってくる男性社員もいるが、その言葉を聞いて喜んで参加をする女性もいるだろうが、しかし「無料コンパニオンじゃねーよ」と思う派遣女性もいるはず。

男性側も別にそんなつもりで誘っているわけではないだろうし、女性側にもそこまで過敏に反応する人は少ないだろうが…
ま、おっさんが若い派遣の子に発言したらギリギリアウトといったところだろうか。

でもこれは派遣社員に対して云々というよりは、日本社会に根深く残っている悪しき習慣のせいだよね…

他にも、最近流行りのよく分からん横文字をやたらと使っちゃう系のお偉いさんが、ステレオタイプの「仲の良い職場」を目指して全員参加を目標にしちゃうパターン。

「あなた達は全員すばらしい!皆さんの1年間を労いたい!」みたいなこと言われたところで、「あ、じゃあ、現金支給でお願いします。」とか思わず口を滑らせそうになるし。

 

本当に仕事の労を労いたいと思っているのなら、それは飲み会ではなくお金、お金が解決をしてくれる。

仕事の疲れや意欲向上には、何よりもお金が一番の効能と即効性を持っているのだ。
今後は飲み会ではなく、代わりに金一封を支給するような形に変わっていけばいいのに。

そして何よりも、次の年へのモチベーションを維持するために、年末年始は穏やかに過ごさせていただきたい。